ダイビングアクティビティ

はるばる高いお金を払って沖縄に到着したのですから、マリンスポーツが最高です!異空間で開放的な爽快感と眩しい海底とのコンタクトが待っています。

シュノーケリングを体験して度肝を抜かれたのは水が本当に透明だということ!「ん?ここプールだったっけ?」と疑問を抱くほど全体がくっきりと視認できました。

空から美しい海を見下ろせる華やかなパラセーリングや、爽やかな定番のマリンスポーツを堪能できるツアー。費やす時間も1~2時間ぐらいと簡単に遊べます。

サンゴを見るためにインド洋に潜る。インドの西に位置するモルディブはまさしくリング状のこの世のものとは思えないほどの環礁が距離にして800キロも続いており、かなり昔より「真珠の首飾」と言われてきた。

視力が衰えている人でもマスクをつけると海中では何でもかんでも1.25倍程に大きくなるので、視力が0.5ぐらいある人だとしたら何にも気にする必要はないと思いますよ。

本来のマークを見極めながら直進するナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を自由に操るテクニックを含めて学習します。

恩納村にある琉球村は古めかしい家を移してきて公開している他にも、藍という植物を使った染め物体験や三線・エイサーの推進、沖縄県民のおばあとの賑やかな雑談などを実際に見て体験できる観光スポットです。

肌に感じる風、ささやかな川のせせらぎ、生命感溢れる鳥の鳴き声。この3種類以外の音はまったく感じられない。両岸に存在するマングローブ(紅樹林)は、言うなれば絵に描いたような南国の景色である。

この国では人気の沖縄がダイビングの総本山と位置付けても当然だと言えます。美しいサンゴ礁に出合うダイビングはそれ以外の地域とは比べようもない希少性の高いものです。

海から上がれば陸地でもいつも強風の沖縄ですが、秋季・冬季はより激しく、海上では尚のこと風が来ますので、熱を出したりしないよう注意を払ってくださいね。

広大なサトウキビ畑や伝統的な沖縄の住宅が続いており、沖縄を象徴するような景観や雰囲気を満喫できます。「古宇利大橋」から眺める海は、一生涯忘れないほど澄みきった海のマリンブルー。

ビギナーズダイビングなら、お手軽に海の中をのんびりと進むことが体験することができると思います。肩ひじ張らずにできる分、潜るスポットや潜れる深さや潜っている時間などに制約があるのは仕方がありませんが、先ず1回経験してみましょう!

ダイビング購入を受ける際には、受講費用以外に教材費用、プールでの講習費用、海を通じての実習になくてはならない施設の利用料、海への往復バス代や宿泊費用、加えてレンタル器材代などが必要です。

何もなく講習終了を迎えて、希望していたダイバーとしてのスタートラインに足を踏み込んだビギナーズダイバーさん、それではいろんなダイバーとダイビングのために遠出しましょう!

那覇近辺をダイビング計画を立てる場合にお薦めするポイントが絶対チービシエリアです。何と言っても初心者の方向けのポイントが豊富で、易々とボートダイビングアクティビティを実現することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>